タイムマークの流れ(料理の盛り付けでの例)

タイムマークは、さまざまな創造物の創作証明に使えます。

ここでは、お客様向けのメニュー、特に盛り付けを新規に考え、それを自分の作であると証明する場合を例に、流れを示します。

料理の盛り付けは一つの芸術ですね。
しかもその場で消えてゆきます。 定番となれば評判になります。
後で、誰のもの。 誰が考えたの?
あの店の真似でしょう。 などと言われないように証明しておきましょう。


作成したメニューの写真を撮る。

image

矢印

創作者の証明書の写真を撮る。

創作者の情報(住所、氏名等)免許証、料理と一緒の自画像、署名など。 
 写真でなくても結構です。

矢印

写真をword(ワープロソフト)などに貼り付けて、PDF文書で保存

 

矢印


送付

矢澤行政書士事務所へ送付ください。
メール添付、媒体に記録して郵送、データ転送サイトの利用、 など

g@ipwo.jp

矢印

タイムマーク付与

当所にてタイムマークを付与し、返送

料金お支払い情報をメールします。

矢印

料金お支払い

銀行振込、郵便振込み等

 

詳細は お問い合わせ下さい。

フォローする