(1)必要から生まれたサービス ~ タイムマークとは

紙の文書

タイムマークは、当所のサービス名(登録商標)です。
電子文書に第三者として、電子印鑑(電子署名)と時刻証明(タイムスタンプ)とを付すサービスです。


タイムマーク®の目的

何のために、タイムマークをするのでしょう。

タイムマークの目的[6]

タイムマークの目的

それは、必要があるから生まれたサービスです。

現在は、電子的な技術によって、電子的な創作物がたくさんできています。

 ・パソコンで作る文書 ・デジタルカメラでの撮影 ・ペンパッドを使って描く絵  ・3D設計図 ・ソフトウエアで作る音楽 などなど
これらの創作物は、紙にすることなく完結します。

また、ひとりひとりの創作物に対する権利意識が高まっています。 文化の尊重、人権の尊重の結果とも言えます。

 

ところが、重要性が高まる電子的創作物を、保護する手段がついてきていません。

あなたの創作物。 たとえば5年前に作ったあなたの作品が、パソコンの中から見つかったとき、誰の作品なのか証明できますか?

無理ですね。  無機質な文字列とグラフ。 誰の作どころか、いつ作成した書類なのかもはっきりしません。

はっきりしないという問題は、パソコンなどデジタル電子機器の登場以前、紙とペン、フィルムなどを使うアナログの時代には無かったことです。

なぜなら、電子的創作物は、劣化しないから。 そして、改変してもわからないから。 創作者がわかりにくいから。

単に個人的な書類などでは問題ありませんが、著作権、特許権、など知的財産に関連するともめごとになります。

タイムマークは、電子文書、電子データに対し、証人の情報と存在時刻を加えることで、証拠性を飛躍的に高めます。
これにより、不正の入り込み余地をなくし、紛争を未然に防止するとともに、権利を固定化させることで創造意欲の向上につながることと信じます。




紙面は信頼される

従来から、紙と印鑑とで書面を作成する長い歴史があります。

紙文書

証文、証書、契約書、公文書など、名前は違っても紙とインク、そして印鑑が使われます。

署名などは、ひとつの絵(書)に相当するような個性を含んでいます。
これらにより、書面に書かれた内容が社会的に、第三者から真実であると認められます。

もちろん、書類偽造などの問題もあります。
ですが、紙面には記載事項以外に様々な情報が含まれています。

このため、書き換えなどをすると、発覚します。
それは、紙の文書に含まれる証拠情報を分析できるからです。

証拠情報には、筆跡、活字体(フォント)、紙質、つぎはぎの跡、指紋、成分、朱肉、筆圧などなど。
経年変化(劣化)も偽造しにくい情報です。
これらにより、鑑定を行うことができ、真偽が判明しやすいわけです。

したがって、書面は信頼され、裁判でも正式な証拠として採用されます。

 

  タイムマークとは image

電子文書の存在を証明し、証拠付ける新サービス

フォローする