(7)ハッシュ値は封印であり、指紋でもあります。 ~ タイムマークとは

ハッシュ値は、封印であり指紋

ハッシュ化

ハッシュ化のイメージ

電子文書の封印(文書全体を固定して変更できなくするようなイメージ)効果はハッシュ値によって得られます。 

ハッシュ値は、ハッシュ関数による一定のルールで文書を細かく切り刻むイメージで特定の値を得ます。
この値が、ハッシュ値(はっしゅち)で、それぞれの文書に特定の値が発生します。

 

iというテキストimage

例えば1というテキストを1.txtとして作ります。

image

image

それをハッシュ関数 SHA-256でハッシュ値を取ると、6b86b273ff34fce19d6b804eff5a3f5747ada4eaa22f1d49c01e52ddb7875b4b
という値になります。

これは何度でも同じ値になります。 このため、電子文書の指紋のようなものと言えます。

 

ハッシュ関数 (ハッシュかんすう、hash function) あるいは要約関数とは、あるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作、または、その様な数値を得るための関数のこと。ハッシュ関数から得られた数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。ウイキペディア

 

image

電子文書の存在を証明し、証拠付ける新サービス

フォローする